妊娠中、つわりよりも辛かった症状とは?マイナートラブルでは終わらない便秘症

妊娠前からしばしば悩まされていた便秘症。女性は便秘に悩んでいる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

私も物心ついた時から母が便秘に悩まされていて、便が出ないなんて大変だな、と他人事のように考えていたものです。

大人になったら自分も便秘になるのかなーと考えていたら、30代に差し掛かる頃から急激に便秘に悩まされるようになり、その苦しさに悶絶した経験があります。

便秘を改善するために、食生活に気をつけたり、できる時は定期的に運動したりと、色々と自己流で気をつけてきました。

しかし妊娠中は、その全てを行っても、全く改善にはつながらず、結局産科で便を軟らかくする薬を処方してもらってなんとかしのいでいました。

私の自己流!便秘改善チャレンジでは、こんなことをやっていました。

○発酵食品を食べる(ヨーグルト、納豆、ぬか漬けなど)

○寒天を食べる

○プルーンを食べる

○ごぼう茶を飲む

○大根おろしを食べる

○炭酸水を飲む

○オリゴ糖を接種する

○下腹部や足裏のマッサージをする

○腰と背中のストレッチをする

○適度な運動を定期的に行う(散歩、ストレッチなど)

妊娠中は下腹部はさする程度ですが、色々と試してみました。しかし、本当にどれも全く効果がありませんでした。(妊娠していない時は、この中から数個を組み合わせたりすると比較的改善した経験があります。

ただ、一つだけ(因果関係は全く不明ですが)便秘が改善に向かった時がありました。

それは妊娠後期に入ってからのこと。後期の血液検査で貧血が指摘されたので、鉄剤が処方され、それを飲んでいた時です。

鉄剤は通常は便を固くするので、便秘になりやすいと言われているのですが、私の場合は反対で、硬い便にはなったものの、便が出やすくなりました。

ネットで調べてみると、貧血によって大腸の血流が妨げられ、その結果大腸の動きが悪くなり、便が出にくくなるという事はあるらしいので、貧血と便秘の関係性はある程度説明がつくようなのです。

つまり、妊娠中の便秘の原因は、ホルモンバランスの変化だけでなく、体中の血液を子宮に送るために全身が貧血状態になる事もあるかもしれないのです。

原因がわかれば、それを改善することで辛い便秘の症状からは解消されます。

私の場合は、出産後は運動量も増えたおかげで、妊娠中ほど辛い便秘に悩まされる事はなくなりましたが、もしまた便秘になるような事があったら、食事や運動の他に、鉄分の補給なども心がけたいと思った出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です